闇金被害 押し貸し

闇金の押し貸しとは?

 

闇金の押し貸しとは?

闇金の押し貸しの手口は勝手に少額のお金を口座に振り込み、後日に法外な利子をつけて返済を要求してきます。

 

対処法を間違えるとやっかいなことになってしまいます。押し貸しには入り口があります。

 

入り口には、まず、ホームページやダイレクトメールなどで、勧誘してきたときに、電話をして口座を教えてしまうことで、お金を振り込まれてしまいます。

 

もう一つは、悪徳業者が流出された個人情報を入手し、銀行口座番号を調べていきなり始める場合もあります。過去に闇金を利用したり、どこかで登録した個人情報が売買されているという可能性が考えられます。

 

押し貸しの対処は、まず、闇金に教えた銀行口座を解約し、電話番号の変更をすることです。口座を解約してしまえば新たな口座を調べる術は持っていないため、押し貸しされることはありません。また、電話をしてつながることを確認してから行為に及ぶため、携帯電話の番号を変えておけば被害を予防することができます。

 

また、押し貸しで利用された口座を解約する理由として、その貸付金が他の被害者が支払った被害金である可能性もあるため、口座が犯罪に利用されていたと認められる場合、口座を凍結するように弁護士から要請されるため、闇金からお金を振り込まれただけで、犯罪利用預金口座となってしまい凍結される恐れが出てきます。

 

こういった対策として、闇金に教えた口座はすべて解約するということが重要となります。引き落としになっている各種料金の支払いなども他の口座に変更して、面倒でも解約を早めに行わなければいけません。

 

押し貸しにはもう一つのパターン

押し貸しにはもう一つのパターンがあり、闇金とは知らずに融資を申し込んだ場合、あとで気づいてキャンセルを申し出たのに認められずに振り込まれてしまったという場合です。

 

この場合、口座の解約をすれば少なくとも押し貸しはされませんが、手数料やキャンセル料、迷惑料などの名目などで数万円の請求をしてくる場合があります。

 

すでに勤務先の情報などを教えてしまった場合には、勤務先まで連絡をされてしまう場合もあり、その場合は自分で解決することは困難となってしまいます。

 

予防方法は、口座の解約や電話番号の変更ですが、すでに振り込まれてしまった場合には、自ら借りたことと同じ状況で、相手に対して、振り込まれた金額を返すといっても通常はなかなか応じてもらうことはできません。

 

一方的に返済日や利息などの話をされて、契約させられてしまいます。一番の対策は、弁護士などの専門家に依頼することですが、依頼すれば当然お金も発生します。そうなってしまった場合、弁護士を通さない場合は、悪魔で自己責任で行うことになりますが、しっかりとした対応をすることが大切です。

 

高圧的にならず務めて冷静に落ち着いて電話で対応することが大切です。高圧的に接すると逆上するきっかけを与えてしまいます。

 

話す内容として、お金がないから払えないこと、弁護士に相談したら利息も元金も支払う必要はないと言われたこと、受け取っていることは事実なのでこれは返したいと思っていること、了承しないなら弁護士に依頼しなければいけないため、それだと費用がかかるためなるべく避けたいということを伝えることが大切です。

 

もし、弁護士や司法書士などに依頼をした場合、元金すら帰ってこない状態になる場合もあるため直に応じる方がよいと考え、それだけで引き下がる場合もあるため、費用をかけずに解決したい場合には試す価値があります。

 

身に覚えのないお金が振り込まれた場合には絶対使わないということが大切です。もし、押し貸しだと分かって、元金も返済する必要がないお金だとわかっていたとしても、使ってしまった場合、入金された側の人は、悪意の利用者に該当し、分かって使っていたならば、元金も利息もしっかりと払わないと犯罪になってしまい、相手も、それに対して突っ込んで取り立てをしてくる可能性もあります。

 

勝手にお金を振り込まれて、それに対して、交渉知識が少ない人がしっかりとした対処をするということができる人は少ないです。間違った対処をするとそれに付け入って、逆に悪化させてしまう場合もあるため、自分で対処する方法をあげましたが、うまく対処をする自信がない方は、弁護士などに依頼することがおすすめです。

 

こういった被害については、無料で相談に乗ってくれる弁護士や、司法書士事務所もあるため、そういったところで相談することも一つの手です。押し貸しは、勝手にお金を振り込んで貸し付けてくる行為なので、借りる意思がなかったのであれば、口座にいくら入金されたからといっても契約成立にはなりません。

 

そのため、借金は無効で、利息も一円たりとも支払う必要はなく、契約書も存在していません。消費者生活センターや警察に通報しても、貸金業法に違反する行為のため、そういったところでもすぐに対応してくれます。

 

少しでもお金がかからない方法で対処したいというのはわかりますが、お金がかかっても弁護士や司法書士などに依頼する方が確実です。

 

闇金と押し貸しの関係性

 

闇金と押し貸しの関係性

闇金は、違法に融資をしている業者のことを指します。

 

通常、貸金業を営むためには許可が必要ですが、当然そのような許可を得ていません。

 

許可を得ていないので、利息制限法等の利息の制限を守っておらず、金利はべらぼうに高く設定されています。

 

よく、闇金業者の金利はトイチなどと呼ばれています。これは、10日で1割の利息を取っていることを意味します。これは、年利換算で365%となります。利息制限法では、100万円未満の融資の最大年利は18パーセントとされているため、いかにこの金利が高いかがわかります。

 

ちなみに、トイチならまだよいほうで、実際はそれ以上のトゴなどの利息を取る場合もあります。トゴとは、10日で5割の利息ということになります。つまり、年利換算にするとトイチの5倍である1725%となります。当然、このような高利で借りた人は返済ができるわけがありません。

 

また、利用する人はすでに正規の業者からの借り入れも困難で困っているという人が多いです。そして、そのような人は周囲に相談することもできず、ばれたくないという弱みを持っています。それに付け込み、どんな手段をとってでも返済させようとします。

 

これは、通常の闇金と呼ばれる者の実態ですが、押し貸しも似たようなものです。押し貸しは、勝手に他人の口座にお金を振り込んで、利息と元本の返済を求めるというものです。勝手に口座に振り込まれるのですから気づかない人も多く、また、気づいても特に何もしないでいるという人が多いです。

 

しかし、そうしていると後から返済を求められます。口座に振り込む対象のデータはすでに持っていることからそういった行動に出るため、そのままにしておくと非常に危険です。不審に感じたら銀行に連絡したり、警察に相談するようにしましょう。

 

闇金は違法な金利で利益を上げていますが、背景には暴力団の存在があります。つまり、彼らの資金源となっているのです。取り立ては厳しく、夜間に家に大声で怒鳴り散らして来たり、職場に押し掛けるという事態も起きます。

 

これは、貸金業では違法とされる行為ですが、そもそも違法な存在である彼らはそれを気にしません。そのため、関係を持っていしまうととても厄介なことになります。自分一人で抱えこんでいては、どうにもなりませんので、警察や弁護士に相談して、対策を考えるようにし、普通の生活が送れるように尽力しましょう。

 

そもそも、違法な業者から借りたお金は返済をする必要がないというのが判例です。民法では、不法原因給付は、返済を求めることができないと規定しています。不法原因給付とは、違法な行為を起因とする給付のことで、高利で貸し付けた金銭もこれに該当します。

 

ただし、個人がこのことを盾に返済を拒んでも、相手は絶対に応じません。しかし、弁護士が介入することで打開ができる可能性が高まります。相手は、裁判によって請求しても返済を求められないことはもちろん知っています。また、脅迫罪や恐喝罪に当たる可能性があることも認識しています。

 

そのため、法的な手段が入れば自己に不利なことから、弁護士が介入した時点で手を引くことも多いのです。間違っても、闇金業者の言いなりになって返済をしていくのはやめましょう。前述のとおり、金利だけでも大きいので、そのような業者を利用するような状況の人が返済をすることは不可能です。

 

相手はそれをわかっていて、少しずつ回収をしていきます。それは徐々にエスカレートし、財産を強制的に処分させたり、親族にまで支払いを求めたりしていきます。つまり、自分だけの問題だったものが、だんだんと周囲を巻き込んでいくことになるのです。

 

そのため、自分一人だけで解決しようと思っているうちに周囲に迷惑をかけ、周りから人が離れていく原因になります。それは絶対に避けなければなりません。

 

弁護士に相談する際

弁護士に相談する際には、この問題に積極的に取り扱う人を選んだ方が確実です。

 

案件が案件ですので、すべての弁護士が適切に対応することができるわけではありません。

 

相手との交渉ノウハウも必要ですし、実績がない人は確実に事件を処理してくれかどうかは未知数です。

 

その点、すでに実績がある人であれば、相手がやくざであろうとも臆することなく対応して、依頼者の権利を守ります。その結果、違法な取り立てや恐喝から逃れることが可能になり、日常生活に平穏を取り戻すことが可能となります。

 

そもそもトラブルに巻き込まれないためには、闇金業者を利用しないことが大切です。また、利用しないようにするためには、そもそもお金に困らないようにすべきです。避けようのない負債が生じることはあり得ますが、利用する人の中には浪費が原因の方もいます。

 

それは、少なくとも自制することで防ぐことができます。また、仮に返済が困難な事情が生じても、弁護士に相談して自己破産や民事再生手続きをとることで対処は可能です。