闇金被害 警察

闇金の取り立てに警察は助けてくれる?

 

警察は助けてくれる?

闇金とは、違法金利で貸し付けを行う業者です。利息制限法では上限金利が15パーセントから20パーセントとされていますが。

 

これらの業者は年利換算で36パーセント以上と、とても金利を高くして貸し付けをしています。

 

そして、違法金利で利益を上げることを考えているため、元本を支払ってもらうよりは金利を支払い続けてくれた方が良いです。

 

そのため、ぎりぎりのラインの人を狙って、搾り取るまで搾り取ろうと考えています。また、取り立て行為がひどく、精神的に困窮してしまう債務者が多いです。そんな闇金の取り立てに警察は助けてくれるかというと、ケースによります。

 

暴力的な取り立てならば、警察を呼ぶことで業者を撤退させてもらうことは可能です。ただし、民事不介入が原則であるため、貸し付けに対して取り締まるというのはその場でできません。ただし、被害届を出すことで本格的な捜査に乗り出して、摘発をするということもあります。

 

したがって、自宅に来た取り立てを一時撤退させたいのであれば、警察に連絡するのは有効ですし、被害届を出すことで闇金業者が摘発される可能性はあります。ただし、根本的な解決をするのであれば、弁護士に相談するのが良いでしょう。

 

警察は事件にならなければ動けませんし。闇金業者も捕まらないように工夫をしていますので、簡単に取り立て行為をなくすことはできません。その点、弁護士であれば、直接業者と交渉をして、民事の領域で解決をしてもらうことができます。

 

また、違法な行為があれば、それをもとに警察と連携することが可能です。それによって業者も下手に手を出すことができなくなるため、以後の取り立てはやむことが多いです。ただ、弁護士といってもそれぞれ得意とする領域が異なることがあります。

 

闇金に強い弁護士の探し方!

 

そのため、利用するにあたっては、闇金問題に強い弁護士に依頼するべきです。探し方は、インターネットのポータルサイトを利用するのが効率的です。カテゴリー別にどのような事件を扱っているのかをみて、選ぶことができるようになっています。その人の経歴や実績なども見ることができるため、解決に適任な人を探すことができます。

 

もう一つの方法は、法律事務所のホームページで探す方法です。検索条件に闇金に強い弁護士と入れて検索をすると、多くに人が検索結果に表示されます。そのため、自分の近場で対応してくれる人をそこから見つけて、実際に相談すると良いでしょう。そのほか、口コミを参考にするのもよいです。

 

口コミでは、実際にトラブルで悩んでいた人の利用談を見ることができます。したがって、実際に事件を適切に解決してくれた人の情報を集めることができるため、良い人材を探すことが可能となります。以上のように、弁護士に依頼することで違法な業者の取り立てが解決できる可能性が高まります。

 

一人で悩んでいても事態は悪化するだけなので、なるべく早く迅速な相談をするように心がけましょう。