闇金業者が取り立てを諦める方法

 

闇金業者が取り立てを諦める方法

闇金というのは、無登録営業をしていたり、法律に定める上限金利を超えてお金を貸し付けている業者のことをいいます。

 

無登録業者は論外ですが、ちゃん監督官庁に登録しているような貸金業者でも、法定上限金利を超えて貸し付けている業者も存在するので、登録業者だからといって必ずしも安心はできません。

 

電話ボックスや電柱に貸金業者の名前と電話番号だけ書いてあるような広告は、かなり高い確率で闇金なので絶対に利用してはいけません。

 

普通の人は、そんな胡散臭い広告の業者は利用しないものですが、サラ金や商工ローンなどで多額の借金を背負ってしまって他に借りる当てがないような人は、藁にもすがる思いで借りてしまう場合があります。しかし、借りてしまうと必ず地獄の苦しみを味わうことになります。

 

弁護士に相談しましょう!

 

借金で困っているなら、闇金業者に手を出す前に、弁護士に相談することをお勧めします。「借金問題の相談をするなんて恥ずかしい」などという小賢しいプライドは捨ててしまいましょう。弁護士に相談すれば、どんなに借金があったとしても解決できない問題はありません。

 

任意整理や調停など、いろいろな方法で借金問題は解決可能なのです。最後の手段としては自己破産という手もあります。また、弁護士に相談すれば、払いすぎた利息を取り戻すこともできる場合が多いです。とにかく変なプライドは捨てて、違法業者に手を出す前に弁護士に相談することが賢明です。

 

万が一、闇金に手を出してしまった場合でも、なるべく早く弁護士に相談するといいです。闇金業者というのは、ほとんどが無登録業者で存在自体が違法ですから、法律のプロが表に出てきて、しかるべき措置を講じてきたら、ほとんどの場合、取り立ては諦め逃げていきます。

 

無登録営業や法定上限金利を超えてのお金の貸付には罰金刑のみならず懲役刑もあり、れっきとした犯罪なのです。違法貸金業者の被害にあったら警察などに通報・連絡することも効果的です。一方、絶対にやってはいけないのは夜逃げです。夜逃げして、しばらくアチコチ逃げ回れば貸金業者も諦めるだろうと考える人も多いですが、甘いです。

 

業者の取立てはそんなに甘くはありません。引っ越し先で住民登録をすれば、必ず住所を突き止められ追いかけられます。引っ越し先の住所を知られないようにするために、住民登録を残したまま夜逃げすることを考える人も多いですが、そうすると今度は、引越し先で住民登録しないということになり、国民健康保険に加入できなかったり選挙権がなかったりなどの様々な不利益をこうむることになります。

 

また闇金業者は、債務者が夜逃げしたりすると、その債務者の親類縁者などのところに取り立てに押しかけたりしてしまうこともあり、周囲の人々にも大変な迷惑をかけることになります。

 

夜逃げは何の解決にもなりませんから絶対にやめましょう。それよりも、とにかく早く弁護士に相談することです。地方公共団体主催で法律相談会を行っていることもよくあり、そこでなら無料で相談できる場合が多いです。