闇金,手口

闇金の最新手口と悪質なやり方

 

闇金の最新手口と悪質なやり方

闇金融というのは、違法な金利によるよる貸し付けのことをいい、表では貸し付けできないので、闇で貸し付けを行うので闇金融といいます。

 

闇金融は違法です。適法な場合には問題になりません。違法だから問題なのです。最近は、ソフトタイプの業者も出てきました。

 

旧来のやり方は高金利ハードな対応。現在の判例では、違法金利による貸し付けは元金含めて、返す必要なし。支払っていたら全額返還請求が認めるという判決が支配的です。

 

裁判の判決は裁判規範と言われており、裁判においては一つの基準です。裁判になったら、違法貸付の場合には、貸し付けた方が負けると考えた方がいいです。そこで、ソフトに対応してくる業者が現れました。旧来よりは低金利で、対応もソフト。まるで親身になってくれているような優しい対応です。

 

この親切な対応に人は騙されます。借りた金は返さなくてはいけないと考えてしまいます。先にのべた通り、違法金利による貸し付けにおいては、返さなくて問題無いのですが、手口としては、何らかの方法で(チラシをまく、広告を載せる(正規の業者を偽り))お金に困っている人を探し、連絡させます。

 

違法貸付の証拠を残さずに(物的にも)、違法貸付を行います。最近は、店舗を持たずに携帯一本で貸し付けを行う業者が増えてきました(090金融)。店舗を持つと居場所を特定されるからです。警察に捕まるリスクがあります。

 

携帯のみで取引をし、居場所を特定させずに、うまく交渉します。対応も昔のように脅すという方法は、全面に出さず、親身になってくれるように錯覚させてきたりします。強くでると、警察弁護士に相談されるからです。

 

日本人は生真面目で、借りたものは返そうと考えます。たとえ違法金利だと知っていても、その点を悪徳業者は利用します。親身になって、利息だけ払ってくれればいいよ、とやさしく言います。闇金は利息ビジネスなので元本を返されたら駄目だからです。

 

このように、長期間ありとあらゆる手を行使し、違法金利での利息を永遠に払わせるのが闇金融の手口です。

 

安心な闇金はありません

 

安心な闇金はありません

闇金は審査も通常の貸金業者と比べればはるかに緩い基準で行われるため、お金に困った時に使ってしまおうとする人も少なくありません。

 

そこでよく言われるのが「安心な闇金はあるのか」ということです。

 

確かに審査基準も緩いためにすぐ融資してくれて、一般的な闇金のような被害も出ないということであれば利用したいと思う気も出てくるでしょう。

 

しかしながらそうした「安心な闇金」というのは無いと思って良いです。そもそも顧客のことを考えて正しい経営をしようと思うのであれば、最初から貸金業者として登録をするはずです。登録自体は各都道府県知事宛に書類を提出して認められれば良いだけですから、難しいことも無いでしょう。

 

むしろ登録が難しいと思うのであれば貸金業者として事業を始めるのは適切ではありません。そうした法律を無視しているからこそ闇金なのですから、顧客が安心できる融資などするはずが無いと言えるわけです。

 

こうした安心な闇金を利用したいという思いはそれなりに多く見受けられるものですが、最近ではこの考えを逆手にとった「ソフト闇金」という業者があらわれ始めています。そこでは「他のところよりも金利が低く無理な取り立てもしませんよ」といった優しい言葉で広告を出しているのですが、実際に借りると他のところと何も変わらないことがほとんどです。

 

またそうした文言で人を集めておいて、いざ申し込まれると「今回はご期待に添えませんでしたが、こちらが紹介する業者であれば融資可能ですからいかがですか」と別の闇金を紹介するところもあります。
そのため安心を考えるのであればそもそもしっかりと登録がされている貸金業者を使うのがベストです。

 

登録がされているといっても業者によって審査基準は異なるのですから、金融事故を起こしていたり失業中であるなどのケースを除けばどこかから融資を受けることは可能です。違法業者はどこまで行っても所詮違法業者だということは常に意識しておきましょう。

 

職場に来る手口と可能性

 

闇金を利用した人が真っ先に心配することの一つとなっているのが「職場に連絡がくることはないか」ということです。もし闇金から職場に連絡がきたということになると職場に迷惑をかけてしまいますし、自分の評価に対しても悪影響が出てくることは避けられないでしょう。

 

では実際のところどうなのかというと、残念ですが闇金が職場に連絡してくる可能性はあります。もちろん貸金業法では理由なく職場などに連絡をすることは禁止されているのですが、闇金にとって最も大切なことはどれだけ債務者からお金をむしり取れるかです。

 

法律を守る気があるのならば最初から貸金業者としての登録をするはずですから、その登録すらしていない違法業者が法律を守るわけがありません。加えて職場に連絡が来たということになると、債務者は「ほかの人の迷惑になるからどうにかしなくてはならない」という考えを持つようになります。

 

闇金はこのことを理解しているため、職場に連絡をしてプレッシャーをかけることで債務者に無理な返済要求を飲ませようとするのです。

 

闇金から職場に連絡が来ると債務者本人だけではなく電話をとった別の人まで被害に遭うわけですから、中には「お前が返済をしないからほかの人にも迷惑がかかっている、払わないのならまた電話をかけてやる」と債務者を責め立てて払わせようとするところもあります。

 

闇金からお金を借りないこと

こうした被害を防ぐにはまず闇金からお金を借りないこと、借りてしまった場合にはいち早く弁護士に相談することが必要です。

 

またこうした職場への連絡というのは立派な威力業務妨害ですから、警察に相談して対応してもらうというのも対処としてはありでしょう。

 

ただ警察には民事不介入の原則があるということで直接債務問題の解決まで動いてくれないこともありますから、最終的には弁護士に相談して解決してもらうのがベストになります。

 

弁護士から法的な対処をとってもらえば闇金被害の大半は解決できますから、誰かに迷惑をかけてしまう前に相談するようにしてください。

 

ソフト闇金の手口

 

ソフト闇金とはここ数年、インターネット上を中心に急激に増えて来た新しい悪質業者の形態です。この事業者は特定の事業所を持たずにインターネットを使って顧客対応を行っており、利用したいという顧客はメールや電話などの手段で事業者側に連絡をとってお金を振り込んでもらう形になっています。

 

ソフトと名がついていることから普通の闇金よりも優しいのだろうと考えてしまいやすく、実際そのために利用をしてしまっている人も増えているのですが、実のところ闇金と何が違うのかと言われるとほとんど違いません。

 

ソフトとついている理由として金利が安いことなどを売りにしているところもあるのですが、それでも貸金業法で認められた上限金利を守っているわけではありませんし、違法であることは何も変わらないのです。

 

加えて闇金とは事なり「紹介屋」のような事業を兼ねているところが多いことも特徴としてあげられます。通常の闇金は申し込みがあった場合、自社で対応して融資と取り立てを行うのですがソフトとついている場合はそうではないこともあるのです。

 

ではどうするのかというと、これは「弊社では融資出来ないのですが、弊社が懇意にしている業者であれば出来るとのことですからそちらを紹介します」といった形で融資希望者を別の業者に誘導するといった方法になります。

 

ソフト闇金が融資するわけではありませんから借りる条件などは一切異なるものとなるのですが、人当たりの良い事業者からの紹介なら信頼出来るだろうという思い込みで激しい取り立てを行う闇金から借りてしまうということが多くあります。

 

当然取り立ても本格的に行っているところから借りるのですから結果は普通の闇金を使うのと一切変わりません。こうしたことを踏まえると、そもそも違法業者から借りること自体が間違いだと言わざるを得ないでしょう。

 

ソフトであろうとハードであろうと利用してもろくなことはありませんから、そうしたところは相手にしないのがベストです。

 

返せないとどうなる

 

返せないとどうなる

闇金に返済ができなくなった場合、次に行われることとして考えられるのはさらなる取り立てが行われることです。

 

「もう返せないのだから取り立てにこられても困る」と債務者の多くは言いますが、闇金業者にとってそんなことは関係ありません。

 

顧客がどうなろうと返済をしてもらうというのがヤミ金の基本方針である以上、本人が返せないのであればその兄弟姉妹や親といった親戚に返してもらう、親しい友人や知人に返してもらう、それが出来ないなら勤めている会社に乗り込んで返せと喚き散らす、このように闇金は返せないから許すということはしません。

 

尤も、会社に乗り込むなどのことになると闇金側にとってもリスクが大きすぎますから実際にそこまで行われることはほとんどありませんが、少なくとも返済が出来ないといっても返済がなくなることはないわけです。

 

ではこうした状況から逃げるにはどうすれば良いのかというと、これも残念ですが逃げるのは現実的ではありません。一応住民票などを移さずに遠方に引っ越すというようにすれば闇金からの追跡から逃れることは出来るでしょうが、住民票を移さないとほとんどの公共サービスは受けられなくなります。

 

健康保険にも入れずまともな仕事にもつけず、家族がいるならば家族の人生も壊してしまいかねないわけですから逃げるのはまずおすすめできません。ではどうすれば良いのかというと、これは逃げずに立ち向かうのがベストです。

 

もちろん債務者個人が立ち向かったところで状況が好転することは無いでしょうが、弁護士などの法律の専門家に依頼すれば十中八九闇金は取り立てをやめざるを得なくなるのです。最高裁では既に「闇金との借金契約は不法行為の手段にすぎないため契約は法的に無効である」という結論を出しています。

 

このことを知っていて、かつ実際に裁判を起こせる弁護士がくると闇金は不利でも交渉に応じざるを得ないわけです。一番良いのはそもそも借りないことですが、借りてしまった時には逃げるよりも弁護士に依頼して戦うことを選んでください。

 

解決するには

 

解決するには

誰も闇金だと知っていて手を出す人はいないでしょう。よほどの事情があれば別ですが、

 

普通はバックに暴力団がついている可能性が高い違法な業者からお金を借りよう、などとは思わないはずです。

 

取引を始めてから、実は違法な業者だったと分かることがほとんどで、気づいた頃には抜き差しならない状態になっています。

 

闇金の特徴は脅迫紛いの取り立てと高金利ですが、広告を出す段階では低金利を装っていたりします。例えば年利一桁台の数字を前面に出し、低金利でお金を借りたい人の気を引きます。

 

実際に契約する段階になって、もう少し高い金利になっていますが、それでもまだ驚くほどの金利にはなっていないのが一般的です。ところが取引を始めてから急に金利が上がった、などと言って取り立てが厳しくなります。この頃になると債務者は闇金であることに薄々気がつきますが、逃れられない状態になっています。

 

闇金業者は取引を開始した相手から全財産を奪い取ることを目的にしていますので、一度でもお金を借りてしまうと、財産がなくなるまで追いかけられます。完済などできませんので、少しでも早く対処することが大切です。

 

闇金の攻略方法は、法律家を味方につけて問題を解決していくことです。弁護士に依頼し、受任通知を出してもらいましょう。どんなに逃げ回っても諦めませんが、弁護士がつくと諦める業者が多くあります。金利にしても、取り立てにしても、違法なことをしている相手ですから、法律を持ち出されると困るからです。

 

最終的には自己破産して借金から逃れることができます。しかし、そこまでしたくないということであれば、相手と交渉して自己破産せずに済むこともあります。上手く債務をゼロにすることができても、闇金業者は次のカモを見つけるだけでしょう。

 

できれば逮捕されて二度と貸金業ができないようにしたいところですが、個人ではなかなかそこまで持っていくのは難しいでしょう。まずは自身の借金をゼロにすることを考えて、弁護士に相談しましょう。