闇金無視

闇金の電話や取り立てを無視するとどうなる?

 

闇金の電話や取り立てを無視するとどうなる?

闇金を無視すると何があっても、元金だけは回収しようと必死になってやってきます。

 

そして、回収のためには手荒なことでもされかねないので覚悟をしておかなければなりません。

 

ドラマや映画などにように指を詰められるなどということはありえませんが、回収のためであればどのような嫌がらせでもしつこい取り立てでもしてくるおそれがあるので、無視をしてまともに生活をしてくるのは不可能だといえます。

 

相手は利益のために金を貸しているわけですから、金にならないようなことをわざわざしてきませんし、すぐに警察に通報をされてしまってそのまま逮捕されてくるようなやり方というのも基本的にはしてきません。

 

ギリギリのラインで精神的に追い込みをかけてきて、とにかく貸した金額だけは回収しようと全力でやって来ます。更にばれない程度の暴力に近いもの、恐喝に近いものというのは何でもしてくるものです。

 

拉致されて海に沈められてしまったり、山に埋められてしまったりするようなことは相手の得になりませんからありえない話ではありますが、実際に闇金の取り立てを受ける場面になると最悪の場合そのような事態になってしまうのではないかと思わせるほどに精神的な揺さぶりはかけてきます。

 

借りている側としても相手が暴力団などと通じている可能性の高い相手だけに、何をされるかわからないという恐怖の中生活をしなければなりません。このように闇金を無視すれば最低限元金だけは回収しようとより一層激しい取り立てを受けることになり、まともに生活をおくることは困難になってしまうでしょう。

 

闇金に対する借金というのは返済義務がありませんが、だからといって単に無視するようなことをすれば相手の神経を逆なでして事態が余計にこじれてしまうことになるので、大事なことは法的措置をとって相手に取り立てをやめさせることになります。そのため、
闇金は無視をするのではなく弁護士などの助けを借りて撃退をしましょう。

 

借りていないのに闇金の電話がある場合

 

闇金からお金を借りていないのに、借金もしていないのに電話がかかってくる事があります。最近では多くの人が知らない電話には出ないで後でインターネットで検索をして調べるのでそれが闇金(表向きは金融会社)からの電話である事があります。

 

しかし、それを無視し続けるとどうなるのでしょうか?本当に借りていないのであれば無視し続けても構いません。その場合にあなたへ闇金から電話がくる理由は2つあります。

 

1つは、過去、あなたが金融会社やキャッシングからお金を借りて、その時の情報が洩れており
あなたに借金の勧誘をしてくる為

 

もう1つは、あなたの周りの人が闇金から借金をしたので、その嫌がらせの一つとしてあなたに連絡をしてきた

 

どちらにせよ、これらの電話は無視しても構いません。しかしながら、闇金が勘違いであなたから借金を回収しよう、または、あなたの周囲の人の借金をあなたに払わせようとして、取り立てまがいの事をし始めたならば、早急に弁護士に相談をしましょう

 

緊急連絡先

 

緊急連絡先

闇金の被害に遇った時、どこに連絡をすれば良いのか、ご存知でしょうか。ほとんどの人は、警察に行けばなんとかしてくれる、と思うでしょう。

 

違法な取り立て、脅迫は犯罪ですから、警察に言えば逮捕してもらえるはず、と思っている人もいるはずです。

 

しかし、闇金業者が警察が立件できるほどの証拠を残すことはありません。警察に行っても、個人的なトラブルとして取り合ってもらえないのが現状です。

 

闇金とは、貸金業の届出をせずに貸金業を行っている業者のことです。届出をしていないので貸金業者とはみなされず、貸金業法が適用されません。貸金業者であれば、早朝や深夜の電話、執拗な督促は法律で禁止されていますので、警察が捜査することも可能でしょう。

 

しかし、貸金業者ではないわけですから、単に個人的にお金を貸しているだけだ、返さないから催促しているだけだ、と言われれば警察は手も足も出せません。警察は民事不介入ですから、個人的なトラブルには対処してくれません。

 

もちろん暴力などがあれば話は別です。暴行罪で逮捕してもらうことはできるでしょう。しかし、明確な証拠が必要であり、暴行罪ではそれほど長く勾留されることはないでしょうから、仕返しに怯えなければならないでしょう。

 

このように、よほど被害を明確にできるほどの証拠がない限り、警察は頼りになりません。闇金被害に遇った時は、弁護士に相談しましょう。闇金業者は違法なことをしていますので、法的な論争になることを極端に嫌います。

 

弁護士に対しても、個人的に金を貸しているだけだ、などという言い訳をしますが、自己破産されると手出しできないことを知っています。弁護士に相談されるのを一番嫌がると言っても過言ではないでしょう。

 

弁護士はボランティアではありませんので、依頼をし、問題を解決してもらえば、当然報酬を支払わなければなりません。しかし、闇金業者に付きまとわれていては、それ以上のお金をむしりとられることは目に見えています。闇金被害の緊急連絡先は弁護士、と覚えておきましょう。