闇金被害から逃げる簡単で安全な方法を絶対見て下さい!

ソフト闇金はすぐ借りる事が出来る?安心なの?

 

ソフト闇金はすぐ借りる事が出来る?安心なの?

最近急に増加しているソフト闇金ですが、その実態は優しげな仮面をつけた闇金業者だといわれています。

 

闇金の恐ろしさが世間に広く知られてしまったため、借りる人が減ってしまったことで、「ソフト」という名称をつけるようになったのでしょう。

 

頭にソフトとついていても、闇金である時点ですでに違法な存在であり、お金を借りるのはとても危険といわれています。違法行為を堂々と繰り返している、それだけでその危険性がわかるというものです。

 

闇金よりも安心というイメージを与えるために、表面的に取り繕っているのがソフト闇金といえるでしょう。金利については一般的な闇金よりも低いものとなっていますが、違法であることに変わりはありません。

 

接客対応なども、一見闇金より丁寧で、安心感を与えるものとなっているそうです。しかしそれは「貸す」ときの話であり、「返させる」時にはまた別の顔をのぞかせるでしょう。お金に困ってしまうと、つい藁をも掴みたくなってしまうかもしれません。

 

しかし、藁をつかんだつもりが、とんでもないものを引き当てているかもしれないのです。違法な存在と関わりを持つことは、その後の人生に影を落とし続けます。当然のように違法な金利で貸付を行っている人々が、手に入れた個人情報をどう扱うか、という点に想像力を働かせてみましょう。

 

借りたお金を返しました、はいさようなら、と簡単に縁が切れるとは限らないのです。通常の会社であれば、顧客の個人情報の扱いに関しても、具体的なポリシーをもってあたっているでしょう。しかし日常的に違法行為を行っている団体が、個人情報をきちんと管理・破棄するということは考えられません。

 

一度お金を借りただけで、名前や電話番号を相手に握られてしまう、それが一番恐ろしい点ではないでしょうか。名前が優しい雰囲気だからといって、ライオンの檻に自ら入っていく人はいないでしょう。騙されないように、しっかりと注意を払い、お金を借りないようにするのが一番といえます。

 

ソフト闇金から借金したらどうなる?借り逃げは?

 

ソフト闇金から借金したらどうなる?借り逃げは?

ソフト闇金は、ソフトという名前がついていますが、その実態は犯罪組織であり、その危険性は従来の闇金となんら変わりはありません。

 

従来の闇金は、トイチ、トサンの金利が設定されていることが多かったようです。トイチというのは、10日で1割、トサンというのは、10日で3割の金利です。

 

ソフト闇金では、金利はこれよりもやや良心的になっているという意見があります。例えば、とある業者では、2週間で20%という金利が設定されています。利息制限法の金利の上限は20%ですので、一見すると法律を守っているようにも思います。

 

しかし、利息制限法では、年利20%が上限であり、同じ20%という数字が使われていても、その負担の大きさはまるで違います。2週間で20%という金利を、年利に計算しなおしてみると、およそ520%という超高金利となります。トイチの金利を年利に計算しなおすと、およそ360%ですので、トイチよりもさらに暴利となっています。

 

このように、ソフトという名前がついていても、必ずしもそのリスクが小さいというわけではありません。また、メール相談などができるようになっているところもありますが、メールアドレスを違法な業者にまわされてしまって、フィッシング詐欺などにあうこともあるようです。違法な業者は法律を守っていませんので、個人情報なども簡単に流出してしまいます。

 

このように、ソフト闇金というのは、従来の闇金が現代でも生き残れるように形を変えたものであるにすぎず、そのリスクに変わりはありません。むしろ、電話対応がやさしい口調の女性オペレーターだったりして、油断をしているとあっさり騙されてしまうので、注意が必要になります。

 

法律を守っていない違法な業者ですので、返済を滞納すると職場や家族にまで嫌がらせの電話がかかってきます。お金の回収に手段を選ばないという点では、従来の闇金と変わりはありません。ソフト闇金の被害にあったら、すぐに専門の弁護士などに相談をするべきです。

 

ソフト闇金から借りたい人へ

 

どうしてもお金が必要になって、どこも貸してくれないためソフト闇金を利用してみようかなと思っている人がいるかも知れませんが、それだけは絶対にやめるようにしましょう。ソフト闇金はソフトと名がつくだけに金利も比較的低めで、そこまで厳しい取り立てを受けるわけでもありません。

 

しかし、これはあくまでも普通の闇金と比較した場合であり、一般の金融業者から比較をすればはるかに高金利であり相手が非合法な組織だけに、返済をすることができなくなった時に何をされるのかわかりません。

 

このようなリスクを負ってまで借りるような場所ではありませんから、絶対に避けるようにしましょう。
そのように言ってもどうしてもお金が必要というのであれば、借りなければならないということもあるかも知れませんが、理由によってはいくらでも他の方法があるものです。

 

今すぐお金を用意しなければ命の危険があるというような余程重大なケースというのはまずないもので、多くの場合借金を抱えて最終的にソフト闇金に手を出そうという人が大半です。そのため、そのような状況の時には新たに危険な場所から借金をしようとするのではなく、今ある借金を別の形で清算することを考えたほうが余程有意義だといえます。

 

ソフト闇金といえどもお金を借りてしまえば、後はさらなる地獄に転がり落ちてしまうだけですから問題の原因である借金の清算から考えたほうが良いのです。返済することができない借金というのは、法律によって返済しなくても済むようになる救済措置がありますからわざわざ非合法の金貸しを頼る必要はありません。

 

もちろん、普通の人は債務整理などの知識がありませんから何からして良いのかわからないということもあるでしょうから、そのような時には弁護士などに相談をする所から始めましょう。借金問題の相談に乗ってくれる弁護士は数多くいて、費用の面に関してもソフト闇金などと違い無理のない範囲で配慮をしてくれるのでお金の悩みを解決するのに最適な方法となります。

 

弁護士に相談しませんか?

 

弁護士に相談しませんか?

ソフト闇金というのは、その名の通り、あらゆる面でソフトになった闇金のことです。

 

自宅まで押しかけてドアをガンガン叩いたり、ものを壊したり、大声で暴言を吐いたりといったような強引な取立てはせず、主に電話だけで取立てをしてきます。

 

電話対応にしても、初期の段階では女性のオペレーターが対応していることもあり、怖いというイメージはありません。

 

闇金では、「トイチ」、「トサン」といった高額な利息が請求されるのが特徴ですが、ソフト闇金では「2週間で20%」といったように、やや金利は低く感じるようになっています。トイチというのは10日で1割の金利のことであり、年利360%に相当します。

 

トサンは10日で3割のことであり年利1080%に相当します。「2週間で20%」というのは、年利に換算するとおよそ514%ですので、トイチよりも高金利ということになります。金利に関しては、あいかわらず暴利をとられるので注意が必要です。消費者金融の年利18%でもリスクが高いと言われているのに、その10倍、20倍以上の金利ですから、普通に考えれば返済はできません。

 

ソフト闇金は主に電話で営業していますが、返済を滞納すると職場や実家にまで請求や嫌がらせの電話がかかることがあります。嫌がらせの電話がかかるというだけでも、十分人間関係を壊してしまいますので、放っておくと人生が壊されかねない事態になります。

 

ソフト闇金についても、対応は弁護士にまかせることがもっとも有効です。警察はグレーゾーンでは動けませんし、違法な業者は携帯電話だけで営業していることも多く、実態がつかめないことも多いです。警察が動いてくれたとしても、解決には時間がかかることもあります。

 

闇金問題を放置しているとリアルが壊されていきますので、弁護士に相談をしてすばやく解決してしまうべきでしょう。相談だけなら無料でできるところも多く、弁護士報酬についてもそれほど高額ではありません。インターネットで闇金問題に強い弁護士を探してみましょう。

 

ソフト闇金警察に被害届で対応してくれる?

 

ソフト闇金警察に被害届で対応してくれる?

ソフト闇金は一般的な闇金と比較をして、金利も取り立てもソフトなものとなっていますからそれだけについうっかりと利用をしてしまう人も少なくありません。

 

ソフトな分だけ深みにはまりにくいという利点はあるものの、それでも一般的な消費者金融から比べるとはるかに高額の金利をとられるので返済は苦労してしまうものです。

 

大金を融資して雁字搦めにしてひたすら取り立てを行うという性質のものではないので、苦しいながらもなんとかお金を捻出して返済をして乗り切るという人も多いのですが、やはりどこからもお金を借りることができずに最後に行き着く場所であるため返済ができずに苦しんでいる人も少なくありません。

 

取り立てがソフトと言っても返済できない相手には容赦ありませんから、返済が滞ってくると取り立てと金利によって増えていく借金に頭を悩ませてしまいがちですが、このようなときに警察が頼りになるかというとはっきりと言えばあまり頼りにならなといえるでしょう。

 

闇金は当然違法なので取り締まりの対象ですが、相手は簡単に取り締まりが行われるようなやり方をしていません。そうなると警察としても民事不介入の原則がありますから、相手が闇金であってもなかなか動くことはできないのです。

 

直接暴力を振るわれたといったものや恐喝を受けたということになれば、すぐにでも警察は動いてくれますがそのような理由がなければすぐには動くことができません。激しい取り立てなどをしていれば、注意程度に動いてくれることもありますが根本的な解決をしてくれる存在ではありませんのですぐに事態を収拾してくれるということを期待していると役に立たないと感じることも多いものです。

 

ただし、相手は非合法の商売を行っているだけに苦しくなった時に警察に相談しておくというのは必ずしも悪いものではなく、状態を把握しておいてもらえばその先違法な取り立てなどを受けた時にすぐに動いてもらうことを期待できるので相談をしておいて損はありません。